結婚の本来の意味の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 結婚指輪をオーダーで作る

新着情報

過去の情報一覧

結婚指輪は必要?不必要?

芸能人や有名人の左手薬指を意識してみてみると、結婚指輪をしている人が多くなってきたことに気が付きました。少し前の時代であれば、結婚イコール人気が下がる的な風潮が見られました。が、今の時代、結婚は当たり前で隠すことでもないので、このように指輪をしている人が増えたことと考えられます。また、男女問わず指輪をしている相手には、あまり警戒心を抱かなくて済みます。「自分自身、隠しごとはしてませんよ。」と言うアピールもできて信用性が増すのです。結婚したら、相手の思わぬ誤解を招かぬようの指輪は必要なのです。

婚約指輪の意味と必要性について

婚約指輪は、結婚を決意した男性から女性に贈る永遠の愛の誓いを品物にしたものです。左手の薬指には心臓から流れる血管が通っているとされており、そこに指輪をはめることで二人の愛の絆を高め、永遠の愛を確認します。多くはダイヤモンドがつけられていますが、その石は天然石の中でも一番硬いとされているのでいつまでも変わらぬ固い愛を表現しています。そのような愛がこもった婚約指輪は、男性から贈られた女性は幸福感でいっぱいになり、一生の宝物として大切にするものです。