結婚の本来の意味の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

過去の情報一覧

ウェディングとブライダルの違い

結婚式の事をウェディング、またはブライダルといいますが正確には同じではありません。ウェディングとは「結婚」や「結婚式」という儀式的な意味があります。ブライダルとは、6月に結婚する花嫁をジューンブライドと言うように、ブライドが「花嫁」ということです。その単語から派生した形容詞がブライダルで、「花嫁の」や「婚礼の」という意味です。ブライダル産業という文脈では結婚(式)関連で使われていますが、単独では結婚とは取れません。ブライダルを名詞として使うのは和製英語的な用法となりますから、英語を母国語とする人は結婚とは取らないかもしれません。

結婚式を挙げる意味はあるのか

忙しい中の打ち合わせや事前準備、ゲストへの金銭的負担に不安を抱えながらも、いざ挙げてみると良い思い出になったと言う方が多いのが結婚式。周囲にパートナーを紹介したり、逆に、自分のパートナーはどんな人付き合いをしているのかを見る事ができます。また、普段なら伝えづらい親や友人、職場の方々への感謝の気持ちも、式を通して伝える事ができるのも魅力です。結婚式や披露宴を上げる夫婦が減少している昨今ですが、もう一度ウェディングの意味を見直し、その良さを伝えることが夫婦や周囲との繋がりを深めてくれます。どうしても式を挙げられない際は、フォトウェディングで写真だけでも形に残しておくと良いでしょう。